学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!
JUGEMテーマ:社会問題


意見記事のポイントその5 。

(5)嘘を書かないこと。

 意見記事のポイント2 「丁寧な言葉で冷静な意見を書こう」 で、

「まず、その学校が普段近隣にどんな迷惑な行いをしているのか具体的に書いてください」 と書きました。

ただし、ここで嘘は書かないでください。

実際にご自身が見聞きしたこと、体験したことを書いてください。

近所の噂など不確かな情報を扱う場合
「あくまで噂ですが」
と断りをいれましょう。


できれば、なにかその学校の迷惑行為を記録した、写真や映像などをつけると信憑性が増します。
(ただし肖像権、プライバシーの問題もありますので慎重に)
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
0
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    2014/03/08 (土) 05:34 | 意見記事のポイント
    - | -
    JUGEMテーマ:社会問題

    意見記事のポイントその6。

    (6)功を焦らない。

    これまで、騒音で近隣住民に迷惑をかけ続ける学校への対処法として、
    ネットを使ってその学校に意見を述べることをお勧めしてまいりました。

    でも、意見記事を公表し始めたからといってすぐに何か変化があるわけではありません。

    地道に苦情と意見を書き続けましょう。

    その学校のせいで腹立たしいことがあった時に、ただ泣き寝入りするよりは記事を書いて投稿したほうが気分的にも救われます。


    「相手に世間の目を意識させる」 というのが当ブログの趣旨の一つですが、
    「相手の変化をじっくり待つ」 というのもひとつの方法です。


    さて以前、おすすめ!参考リンクとしてご紹介した「対人関係の心理・抗議文の書き方」の一部を以下に引用させていただきました。
    この記事は私のお気に入りでして、できればぜひ全文をご紹介したいものです。
     

    こちらの抗議を、あちらが無視したら、無視したで、
    「声を挙げたけれど、無視した」という履歴が残ります。


    パソコンで文書を作成していると、
    こちらの声を、あちらは意図的に握りつぶしたという証拠が残ります。
    電話などですと、どうしても、証拠が残りにくいのです。
    あちらに、「そんな意見、聞かなかった」と言われれば、終わってしまいます。

    かといって、やたら抗議文を書く必要もありません。
    これは、どう見ても、どう考えても、おかしい…
    と、自分の良心が訴えるときに、書いてみましょう。
    そのような抗議文だと、必ず、本質を突くものになるはずです。

    相手は抗議を握りつぶしても、心のどこかにその文章は刻まれるはずです。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2014/03/10 (月) 04:51 | 意見記事のポイント
      - | -
      JUGEMテーマ:社会問題

      意見記事のポイントその7 。

      (7)目的は問題解決にあることを忘れない。

       以前の記事でも述べたことですが、意見記事を書く目的は問題点の解決にあります。

       そのためには、まず近所に迷惑をかけている学校に世間の目というものを意識してもらおうということです。

       もちろん苦情の電話一本で解決するならそれに超したことはありません。

       しかし、そもそも近所迷惑を顧みない学校ですから、苦情は適当に聞き流して平然としていることが多いのです。
      教える側にマナー意識が希薄なので、とうぜん生徒への指導も躾(しつけ)の行き届かないものとなるのです。
        「なんとか大会のための練習」 などと称して運動部の生徒に長時間屋外で騒がせ続けていたり、音楽部の生徒にところ構わず演奏させていたり。

       これらはその学校による誤った生徒指導のタマモノなのです。
       いつまでも許していて良いはずがありません。

       ここで何もしないと永久に問題は解決いたしません。
       ネットを使って意見記事を公表すること。
      これを問題解決の手段の一つとして試してみてはいかがでしょうか?

      近所に迷惑をかけている学校にたいし、
       「その学校の有り様が世間からはどういうふうに見えているのか」
       つきつけてやることで反省と改善を促すのです。

       迂遠で時間が掛かる方法ですが、徐々に効果が現れてきます。
       問題解決に向けて粘り強く継続いたしましょう。
       

      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
      0
        このエントリーをはてなブックマークに追加


        2014/03/12 (水) 09:23 | 意見記事のポイント
        - | -
        << | 2/2PAGES |