学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!

さて、今回は「部活騒音を考える」第2回目です。

 

前回の記事では、部活における「生徒の声出し」が自然なものではない事を取り上げました。


部活における「声出し」は子どもたちが自然に発している声などではなく、部活指導者が子どもたちに大声をだすように指導しているのです。

 

この手の指導者にとって学校付近の住民の迷惑などどこ吹く風。
近隣住民は日々ストレスを募らせることになるのです。
部活顧問や監督、コーチたちのくだらない自己満足とか見栄や体裁のために。


そもそも、運動部の練習中に大声を出せる事自体が変だとは思いませんか?
これをお読みの皆さまご自身はいかがでしょう?

 

100メールを全力でダッシュしながら大声を出せるでしょうか?
きつい筋トレの最中に大声を出せますか?

 

まともに練習に打ち込んでいるなら大声など出せないはずです。
それができるということは、練習自体を適当に軽く流しているのです。

これは鍛錬になっていません。
結果にも結びつかない事でしょう。

 

よく集団でランニングをしているグループが大声で歩調を取っているのを見かけますよね。
「いち!、に!、いちにさんし!」とか「ほちょ〜! ほちょ〜!」とか「そぅ〜れ!」「そぅ〜れ!」とか大声で喚きながら走っていたりします。
これなどは喧しいだけの無駄な練習の典型と言えます。

 

マラソンや駅伝の出場者で呑気に掛け声を出しながら走っている選手がいるでしょうか?
余計な声をだす体力があるならその分走りに集中するべきでしょう。


地道な基礎トレーニングを適当に流していて、競技で結果を残せるとは思えません。

皆さんの家の近所にも普段の練習が喧しい割に、実績の方はサッパリという学校があるのではないでしょうか?

 

部活の練習内容を決めるのも大抵は顧問の先生監督です。
やたらと喧しいだけで成果のない練習を子供たちに課している人たち。

 

良き指導者に恵まれないということは、近隣の住民にとっても指導を受ける生徒にとっても不幸なことです。

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

 

0
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    2017/10/26 (木) 14:27 | 部活騒音を考える
    - | -
    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2020/03/14 (土) 14:27 | -
      - | -
      同じカテゴリの記事