学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!

一定期間更新がないため広告を表示しています

0


    2020/05/29 (金) | -
    - | -


    このブログでは以前から住宅街に保育園を作るくらいなら、広い公園廃校施設に作るべきだと訴えてきました。
    住宅街に幼稚園・保育園を作るくらいなら。
    保育所は広大な公園に作れ!

    行政もようやく重い腰を上げ始めたようで先日、11月19日の朝日新聞に「公園に保育園 特区の応援」という記事がありました。
     

    ◆世田谷区や品川区など計画相次ぐ

    待機児童の解消に取り組む都内の自治体で、公園内に保育園をつくる計画が相次いでいる。
    国家戦略特区により、都市公園法の規制が緩和され、公園内への設置が実現する。


    ただこれで安心するわけには行きません。

    いまだに住宅街に保育園を作る動きはあるからです。

    世田谷区の広報誌「せたがや」平成27年11月1日号に平成28年4月に開園する新設保育園の一覧が載っています。

    全部で11箇所にのぼります。
    この内、昭和こども園だけは昭和女子大の広い敷地の中にできるようなので近隣に及ぼす騒音被害は少なそうです。
    でもそれ以外はどうでしょうか?
    所在地をYahoo!地図の航空写真でざっと確認してみましたが、周囲に一般の住宅やマンションと思われる建物が隣接している施設が多いようです。

    認可保育園

    地域 入園申込書に記載する園名 住所
    (リンク先はYahoo!地図です。写真モードでご覧下さい。)
    定員
    世田谷 世田谷いちい保育園南ウイング 弦巻5-10−22 129
    経堂一丁目保育施設 経堂1-41 45
    玉川 深沢一丁目保育施設 深沢1-32 120
    深沢四丁目保育施設 深沢4-25 75
    桜新町二丁目保育施設 桜新町2-12 63
    等々力四丁目保育施設 等々力4-2 80
    砧四丁目保育施設 砧4-26 78
    烏山 南烏山二丁目保育施設 南烏山2-33 110


    認定こども園

    地域 入園申込書に記載する園名 住所 定員
    世田谷 昭和こども園 太子堂1-7 103
    北沢 羽根木こども園 代田4-25-9 39(増員分)

     

    小規模保育事業

    地域 入園申込書に記載する園名 住所 定員
    岡本二丁目小規模保育施設 岡本2-5 9


    平穏な住宅街に保育園を増やすことは騒音トラブルを増やすことと同義です。
    近隣住民と保育園(職員、園児、保護者ふくめて)との間に深刻な対立を引き起こすだけでしょう。

    いくら行政が「子供の声は騒音ではない」などと言いはったところで、実際に騒音被害で困る人がでてくるのですから苦情が減るはずもありません。
    保育園の側にしても職員が騒音苦情対応に日々追われるとなれば、保育の質が低下するのは目に見えています。

    子供に犠牲を強いているのは、行政と保育園の経営者です。


    ですから、今回の広い公園を特区にしてそこに保育園を作ろうという案に賛成です


    ただし、「それで一気に待機児童の解消がなるか?」といえば少し無理があるでしょう。
    待機児童が増えているのは共働きの世帯が増えたからです。
    そこを無視して「単に保育園を増やしましょう」ではいくら作っても追いつくはずがないのです。

    「待機児童解消」は景気対策の一環として考えるべし。

    子育てに専念できる専業主婦(主夫でも良し)を増やすか、3世代以上の大家族で子育てをする世帯を増やさないかぎり待機児童は減りません。
    制度上では待機児童にカウントされない隠れ待機児童だって大勢いるのです


    共働き世帯が増え専業主婦が減少している現在において、潜在的なそれを含めた待機児童の最大数はおそらく未就学児童の総数とほぼ同数なのではないでしょうか?

     ・共働き増、専業主婦消える? 男性の働き方次第


    少子化で子供の数自体は減ってゆくのに皮肉な現象ですよね。
    少子化なのに待機児童って?


    今後、新たに保育園を建てるのであれば場所と規模を慎重に検討するべきです。
    これまでのように住宅街に強引に建設するのは論外です!

    世田谷区よ、お前もか!
    資産価値が下がる懸念。
    近隣との騒音トラブルが深刻化する懸念。
    自宅の隣に保育園ができたらどんな感じか?

    冒頭で紹介した記事のように「広い公園の中に保育園を作る」のもひとつの方法です。
    それから「少子化で廃校になる小中学校や空き教室を活用して保育園を作る」という選択肢もあります。

    さらに「広い敷地を持つ国公立大学の中に保育園を作る」という方法も考えられます。
    あと既存の学内保育園を一般にも開放するとか。

    とにかく、そのへんの住宅街に小規模の保育施設が至る所に点在すると言うのは最悪の状況です。

    広い敷地のある場所やある程度の騒ぎ声なら許される場所に、規模の大きい保育施設を作ってゆくべきではないでしょうか?

    「公園が子供の声でやかましくなる」といった懸念もありますが、行政の気まぐれでご自身の家の隣に保育園の建設計画が持ち上がるよりは遥かにマシでしょう。

    その上で、住宅街の中にある保育施設を(近隣住民の苦情を無視して強引に建てられたものから)撤去してゆくのが望ましいと考えます。


    JUGEMテーマ:気になったニュース




     

    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

     




     

    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2015/11/23 (月) 21:31 | 保育施設を考える
      - | -
      0
        このエントリーをはてなブックマークに追加


        2020/05/29 (金) 21:31 | -
        - | -
        同じカテゴリの記事