学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!

学校の出す騒音の最たるモノに学園祭があります。

「たった数日くらい我慢すれば?」 なんていう人もいますが、実態を分かっていませんよね。

学園祭は当日だけでなく、その準備期間もずっと喧しい物なのです。
バンド吹奏楽などの音楽系のクラブがやたらと張り切っていたり。
看板とかオブジェの制作で出る工作音とか。酷い時はまるで工事現場のよう。
学生が遊びながら準備しているので、フザけて騒ぐ事も多い。
学園祭の準備から後片付けまで約一月位の間騒音を出し続けるのです。


最も喧しいのが野外ライブです。
楽器や高性能の音響機器を安価に提供している業者がいて、各地の学園祭で暗躍しまくっているようです。

Yahoo!の掲示板に学園祭騒音で困っている方の質問がありました。
一部引用させていただきます。

大学の学祭の騒音が酷いです。対処法をアドバイスお願いします。

徒歩10分圏内に大学があるのですが、その大学が学祭を開催中で、 運動場などで野外ライブを行ったりして騒音が酷いです。
いちよ大学の学祭運営委員会に電話で改善するように電話したところ、すぐに改善すると言っていましたが、全く変わっていません。
せっかくの休日なのに全く休めませんでした。
こういう場合は警察に通報しても良いのでしょうか?
下手くそな歌声音楽ナレーションなどを聞かされて本当に迷惑です
周りには高層マンションや住宅街があるので、繁華街のような普段から賑やかな町ではありません。

 


この質問に対する回答はかなりガッカリなものばかりで、ほとんど参考になりません。
一番まともな回答でも

 

「付近住民で署名でもして、来年度の申し入れ事項として、
夜間は何時までに終了するよう要望書を出すとか。
あと、区市町村自治体の苦情相談部署に言うとか。
まぁ、すぐには結果は出ません。
もう、今日明日のことは諦めてください。
来年、そうならないよう、事前に事務室に申し入れしておきましょう。」


と言った程度。
何処か遠くの出来事でも傍観しているかのようです。
簡単に「署名でも集めれば?」なんて書いてあるわけですが、実際そんな手間ヒマかけていられません。

この質問者さんの場合相手は大学ですが、ウチの近所には高校で同じようなことをやっているお馬鹿な私立校があります。

学祭の運営でも学校の事務でも苦情を言う効果は多分ありません。
(一応、こちらの言い分は伝えておくべきではありますが。)
なぜなら、そもそも学生どもの企画を承認し、予算を分け与えたのが学祭運営委員会なのですから。
さらにその学際運営委員会に権限を与えたのが学校そのものなのです。
要するに学校側は学生どもが大騒ぎして近隣に迷惑をかけることを最初から黙認しているのです。
この類の学校の経営者たちは、その地域のボス的な人たち(経済団体の役員とか、町内会の役員とか。)だけを懐柔しておけば充分だと考えているのでしょう。
 近隣住民の苦情など最初から聞く気もないのです。


だから私なら以下のようにアドバイスいたします。

 迷わず、110番通報してしまえ!

最寄りの警察署に相談するんじゃありませんよ。
直接110番に電話するのです。
騒音といえども、今すぐ出動してもらうべき緊急の要件であることに変わりはないのです。
凶悪な犯罪ではないからと言って遠慮する必要はありません。

もちろん騒音苦情でも警察は動いてくれます。
よく街中で警察官に職質されている軽トラックを見かけますよね。
あれは騒音苦情で通報された廃品回収業者なのです。

大音量でアナウンスを流しながら徘徊する廃品回収車はとても迷惑な存在です。
しかし、(通報すれば警察が追い払ってくれますし、) 我慢していればそのうち何処へ移動してゆきます。
でも、学校は移動してくれませんから。ある意味、廃品回収業者よりたちが悪いです。


110番通報すると警視庁や各道府県警の通信指令センターにつながります。

担当者が「事件ですか?事故ですか?」と聞いてきます。
ここで「〇〇の騒音で困っています。取り締まりをお願い致します」と言いましょう。
ちゃんと事情を話して、あなたがどんなに困っているかを伝えれば「警察官を派遣します」と言ってくれるはずです。
相手側とトラブルになりたくない旨を伝えれば「分かりました、匿名で処理いたします」と言ってもらえるはずです。
(あくまで地元警察署と相手側にこちらの身元が伝わらないということ。通話内容と通信履歴は通信指令センターに残ります。)

通信指令センターから地元警察署に出動指令が出るわけですが、事態の重さによって警察署の対応は異なります。
殺人や傷害事件ならそれこそパトカーが何台もサイレンを鳴らして駆けつけるのですが、これが騒音苦情での出動となると最寄りの交番から暇そうなお巡りさんが自転車でノロノロやって来る事が多いようです。

派遣されたお巡りさんによってもその後の対応はまちまちのようです。
ちゃんと当事者に面会して注意をしてくれる人もいれば、学校の事務員に「近隣から苦情がありました」と伝えるだけで帰ってしまう人もいます。
上司に提出する報告書に当事者のサインさえあれば一件落着という人もいるのが現実です。

残念ながら110番通報したからと言ってすぐに静かになるわけではありません。

「なら通報しても無駄なのか?」といえば何もしないよりはマシなのです。
その学校が地域にどんなに迷惑をかけていても、通報が一件も無ければ警察は動かないどころか事実の把握さえできません。
それが一回通報するだけで少なくとも一度は警官が向かってくれるのです。

その学校のせいで迷惑を被っている近隣住民は沢山いるはず。
その人たちが通報する度に出動しなければならないとしたら、担当の警官たちにもどちらの側に理があるか分かるはずです。
同じ人が何度も通報してもあまり意味がありませんが、大勢の人が別々に通報したなら話は別でしょう。

学園祭は連日長時間、騒音を出し続けて大勢の近隣住民に迷惑を掛ける訳です。
通報されるのも1度や2度ではないとなればもう完全に軽犯罪法の「静穏妨害の罪」に該当するはずです。
公務員の静止をきかずに人声、楽器、ラジオなどの音を異常に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけた者 取り締まりの対象となって然るべきです。
軽犯罪法の「静穏妨害の罪」に関しては以前別の記事でも触れました。説明はこちらへ)


ご近所で協力するなら署名活動なんかより、それぞれに110番通報してもらったほうが効果的だと思います。


JUGEMテーマ:日常

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

 
 

0
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    2015/09/15 (火) 00:09 | 迷惑な騒音への対処法
    - | -
    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2020/03/14 (土) 00:09 | -
      - | -
      同じカテゴリの記事