学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!

 
前回の記事では、実際に幼稚園の隣に住んだことのある方の体験談をご紹介しました。
もし皆さんがいまお住まいの家のすぐ近くに保育園ができたら、どんなに騒々しい感じかを想像してみてください。

実はこのsanmarie*comの記事はもっと長くて、前回は一部だけ引用させて頂いたのです。
今回はその続きからまた一部を引用させていただきます。

この記事を書かれている方はどうもいまはポーランドにお住まいのようです。
それで、日本と欧州の幼児教育環境の違いについても触れておられるのです。

ちなみに、こちらに来てから集合住宅に暮らし、中庭ではいつもたくさんの子供が遊び回ってましたが、そういうのは全然うるさく感じませんでした。

自然な笑い声であり、泣き声であり、子供の蹴るボールの音が壁に響いても、私はまったく苦にならなかった。
少なくともピアノを弾いたり、大音響でキッズソングを演奏するようなこともないですしね。

それでも、「子供がサッカーする音がウルサイ」と苦情を言う人はあって、管理会社は子供がいつもサッカーしている場所に5本ぐらい植樹しました。植樹されたら、さすがにサッカーは出来ないでしょう。
サッカーしてる子供とその親に文句を言って隣人同士気まずい思いをするよりは、よほど効果的ですわね。


***

これは外国の話になりますけど。

こっちの保育園も幼稚園も、それはそれは静かですよ。

集合住宅のど真ん中や、新興住宅地の隅っこに幾つも建ってますけど。

えっ、こんな所に保育園ができたの?? というぐらい、静か。

ちゃんと園庭もあるし、けっこうたくさん子供が通ってるみたいなのに、信じられないくらい静か。

この国では、子供を室内に閉じ込めて保育してるのか?? と思ったけど、先生はオルガンも弾くし、ダンスもするし、園庭でも遊ぶけど、とにかく信じられないくらい静かなんですよ。

したがって、住民の苦情もゼロ。

初めてその現状を知った時は、「なんで、なんで??」と本当に不思議でしたが、自分の子供が園に通うようになって、いろいろ気付いたことがあります。

第一に、先生の喋り方が物静か。

若い先生でも、頭の天辺からスットンキョウな声を出すようなことは絶対にない。

子供に注意する時も、お遊戯させる時も、「ジェームズ、席にお座りなさい」みたいな感じ。

子供を褒める時も、「まあ、上手ね」。

しまじろうの先生みたいに、「きゃ〜〜〜〜、ゆうクン、すっご〜〜〜い」なんて言わないのね。

だいたい、子供番組からして、声のトーンが全然違うじゃない。

こっちの子供番組でも、極彩色のピエロの格好した人が「せんせい」やってますけど、とにかく喋り方が物静か。

「さあ、君も一緒にやってみよう! 上手にできるかな?」という語り口調ではあるけれど、しまじろうのお兄さん、お姉さんみたいに、「はぁ〜〜い、よい子のみなさぁぁ〜〜ん、これから、すっごぉおおおおおいダンスをするよぉ〜〜。用意はいいかなぁあああ」なんて、頭の先からキンキン響くような高音で喋らないんですよ。

たとえば、私が子供の頃の子供番組といえば、「ピンポンパン」や「おかあさんといっしょ」だったのですが、この時、「せんせい」だった、うつみ宮土理さんも語り口調はまるでNHKの静けさだった。


それが、どんどん、どんどん、声のトーンが上昇して、喋り方もあまりに子供に迎合したような、「女子アナウンサー高音化」が著しいでしょう。

みどりせんせいに「よいこのみなさん。それではお歌を歌いましょう」と語りかけられるのと、「さあ! 君も一緒に、歌おぉぉぉ」とのせられるのでは、やはり子供の声のトーンや落ち着き具合も違ってくると思うんですね。

子供がうるさい、騒がしいのは本当ですよ。

でも、私もつくづく思うけど、親の声のトーンが高いと、子供の声のトーンも、喋り方も、ぜんぶ似てくるんです。

で、日本の場合、園に限らず、ニュース番組でも、娯楽番組でも、CMでも、やたらと声の高い女子アナやタレントが「すっごぉぉぉぃ」とか言ってる。

そういうの日常的に聞かされたら、これが大人の女性の喋り方なんだ、と子供もコピーするし、それが「可愛い」と勘違いしてしまう。

世の中全体の『高音化』が、ウルサイ子供を量産している部分は少なからずあるだろうし、「癪に障る高音」とえいば、園やテレビのみならず、デパートでも、スーパーでも、どこにいってもそうなんじゃないかと思います。

まあ、子供の機嫌を取るのに「すっごぉぉぉぉい」とか「かっわいぃぃぃぃ」とか言う気持ちは分かりますし、実際、私なんか、外国人社会で浮きまくってますから(こっちのお母さん「あら、可愛いわね」で終わり。めっちゃクール)、日本の幼稚園の先生や保育園の先生に接し方を変えろといっても、それは文化的なものですから、批判の対象にはならないかもしれません。

しかし、自分たちの声のトーンを落とすことで、子供もまた変わっていく。

それは本当です。


近隣にウルサイと言われた。「だって、子供だもん、うるさいのは仕方ないもん」「あたし達は社会に必要な仕事をしてるのよ」と開き直るのではなく、自分たちがウルサイ子供を量産しているのではないか、と、顧みる姿勢も必要だと思うのですよ。

私もそれは、日々、気を付けておりますし。

精一杯、努力や気遣いをした上ではじめて、周りの人も「まぁ、まぁ、子供のすることだから」といたわってくれるのですしね。

sanmarie*comより引用



如何でしょうか?
子供の声が煩い原因の一つが、なんと親や保育園・幼稚園の先生自身の話し方にあったのです!

周りの大人達が甲高い大声を出すから、子供が真似る。
それを見て大人が喜ぶから子供の声はドンドンうるさくなるという悪循環を起こしていたのです。

sanmarie*comの記事にあるようにまず、幼児教育にあたる大人たちが声のトーンを落とすことから始めるべきでしょう。

そう言う努力をせずに、ただ「子供の声を騒音から外す」などという主張は暴論に近い。

行政の気まぐれである日突然、自宅の側に保育園が建つことになっては困るでしょう。
そうなる前に反対の声を上げてください。
 でないと、「子供の声は騒音ではない」など言う妄言が条例化されてしまいます。

以前の記事でも紹介しましたが、いま東京都では「子供の声等に関する規制の見直し」 について意見募集をしています。(1月13日まで)
「子供の声等に関する規制の見直し」について意見募集します。

 これは反対意見を行政の場に直接届けられる最後の機会となるかもしれません。
 この機会にしっかり反対の意思表示をいたしましょう!

また、4月には統一地方選挙があります。
待機児童の問題は単なる帳尻合わせでは解決しません!

現職の首長の中には「子供の声を騒音からはずす」などと公言して憚らない迷惑な方もいるようです。
やたらと保育園の建設を急ぐだけの方には投票しない事をおすすめ致します。

JUGEMテーマ:幼児教育

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

 

0
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    2015/01/08 (木) 19:00 | 子供の大声も騒音です。
    - | -
    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2020/03/14 (土) 19:00 | -
      - | -
      同じカテゴリの記事