学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!



2014年10月9日(木)のNHKニュース おはよう日本で「保育園と住民 トラブル急増」が放送されました。

この番組では、待機児童問題の解消のために保育園の建設が急ピッチで進んでいる事と、その建設をめぐって住民が反対する事態が多発している問題を扱っていました。
 

鈴木 「女性が働きやすい環境を整えるためには、全国で2万人余りにのぼる待機児童問題を解消させなければいけないと、国は保育園の建設を急いでいます。この5年で1,000以上の認可保育園が一気につくられました。

阿部 「その一方で、全国各地で保育園への苦情が相次いでいます。 先月(9月)東京都が発表した調査では、都内のおよそ7割の市区町村で、保育園などに子どもの声に対する苦情が寄せられていることがわかりました。」


そもそも短期間に騒音施設が一気に増加したのですからトラブルが増えるのは当たり前です。
しかもその大半がこれまで静かだった住宅街に作られたのですから。
子供の騒ぎ声送り迎えの保護者の話し声などの騒音に近隣住民は一日中煩わされることになるのです。
鉄筋コンクリートのマンションはともかく、木造の住宅やアパートでは隣近所での騒ぎ声がまる聞こえでしょう

それに騒音問題の他にも不動産の資産価値が下がるという問題もあります。
誰だって四六時中騒音に煩わされるような物件に住みたいとは思わないわけです。
近くに保育園とか学校などの騒音施設ができたら、それなりに値引きしないと建て売り住宅など買い手がつかないでしょう。
賃貸物件なら家賃を安くしないと店子が他所に引っ越してしまいます。
アパートの経営者などは死活問題なのではないでしょうか?

数の帳尻だけを合わそうとする国の方針には問題がありそうです。

 

JUGEMテーマ:住宅
にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

 

 

0
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    2014/12/02 (火) 12:10 | 子供の大声も騒音です。
    - | -
    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2020/03/14 (土) 12:10 | -
      - | -
      同じカテゴリの記事