学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!
JUGEMテーマ:社会問題


意見や苦情をネット上でする利点その2。

(2)苦情・意見の内容を第三者に見てもらうことができる。

前回の記事で「直接、学校に苦情を訴えても担当者が無視を決め込めばそれで終わり」であることを述べました。

しかし、ネットを使えばこれまでなら学校側の都合で握り潰されていたことも、世間に公表できます。

近隣住民の視点で書かれた意見の内容を、世間一般の人々がどのように受け止めるのかは読むひと次第です。
共感する人、反対する人、無関心の人とそれは様々でしょう。
しかし、情報はないよりあったほうが良いと考えます。

その学校のかかえる問題点を提起しネットで公表すれば、学校は世間の目を意識せざるを得なくなります。
ひいては、その学校自体が問題を解決しようという意識に目覚めてくれることを、期待できるのではないでしょうか?
 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2020/07/17 (金) 01:00 | -
      - | -
      同じカテゴリの記事