学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!
JUGEMテーマ:社会問題

前回の記事で学校騒音を何とかするために「学校の隠蔽体質を逆手に取る」ことを提案いたしました。


ネットを使ってその学校に意見することで、これまで学校側に握りつぶされてきた、近隣住民の悲痛の声を世間に訴える事ができるのです。

しかしながら闇雲に始めて、誹謗中傷よばわりされては本末転倒です。

そこでいくつか意見記事を書くときの注意点を述べさせていただきます。

(1)決して誹謗中傷しない。
(2)丁寧な言葉で冷静な意見を書こう。
(3)本当の読者を意識して記事を書こう。
(4)毎回必ず学校名をいれよう。
(5)嘘を書かない。
(6)功を焦らない。
(7)目的は問題解決にあることを忘れない。

以上7つの点を注意していただければと思います。

おすすめ! 参考リンク
対人関係の心理・抗議文の書き方


 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

 

0
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    2014/02/26 (水) 05:46 | 意見記事のポイント
    - | -
    JUGEMテーマ:社会問題

    前回の記事で、騒音のひどい学校に対して意見記事を書くときのポイントを7つ掲げました。
    今回から各項目を一つ一つ解説致します。

    意見記事のポイントその1。

    (1)決して誹謗中傷しない

    このサイトで提案しているのはあくまで 「その学校に対する苦情と意見を世間に公表する事」 であって、誹謗中傷ではありません。

    記事の中であからさまに馬鹿だのアホだのと罵ることは避けましょう。

    個人情報を晒すのも厳禁です。
    逆に名誉毀損で訴えられてしまいます。

    「何々をやめさせないと殺すぞ!」
    みたいな書き込みをするのは逆効果です。
    これだと、脅迫や犯行予告と受け取られてしまい、最悪と逆にあなたが警察に捕まってしまいます。

    相手側を利する結果になっては本末転倒です。

    世間と権力は味方につける方針でお願いします。
     

    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ



     

    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加


      2014/02/28 (金) 05:15 | 意見記事のポイント
      - | -
      JUGEMテーマ:社会問題

      意見記事のポイントその2 。

      (2)丁寧な言葉で冷静な意見を書こう。

      まず、その学校が普段近隣にどんな迷惑な行いをしているのか具体的に書いてください。

      その上でその学校あてに

      「この様な行為は迷惑なのでやめさせてください」

      とお願いする形を採りましょう。


      感情的にならずに粛々と記事を書き続けてください。

      その学校の生徒や教師による迷惑行為を思えば、思っきり罵声を浴びせてやりたくなるかもしれません。

      しかし、そこをグッと堪えて冷静な意見を述べるのです。

      前回の記事でも述べましたが、けっして誹謗中傷になってはなりません。


      「継続は力なり」です。

      同じ内容のことを繰り返し書いても構いません。

      いやむしろ、問題が解決するまで何度でも同じ話題に触れる事になるでしょう。

      ただし、毎回はじめて読む第三者にも問題点が分かるように工夫してください。


      ブログランキング・にほんブログ村へ

       
      0
        このエントリーをはてなブックマークに追加


        2014/03/02 (日) 10:40 | 意見記事のポイント
        - | -
        JUGEMテーマ:社会問題


        意見記事のポイントその3 。

        (3)本当の読者を意識して記事を書こう。

        前回の記事で騒音その他で近所迷惑な学校に対して「感情を抑えて冷静な意見を書くこと」を提案いたしました。

        これは「本当にこの意見記事を読ませたいのは誰なのか?
        ということにつながるのです。

        体裁としては学校の先生方や生徒あてに書くことが多くなります。
        しかし、彼らにだけ読んでもらってもどうせ無視されるだけです。

        だからこそ、ネットを使っているのです。
        本当に読んで欲しいのは 「世間の皆様」 であることを忘れないでください。


        掲示板などの場合、関係者から辛辣な返信が来ることも予想されます。
        しかし、それに対して相手をしてはいけません。
        むしろレスは一切読まなくても良いくらいです。


        「世間の目を常に意識する」 これが最大のポイントです。
         

        にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
        0
          このエントリーをはてなブックマークに追加


          2014/03/04 (火) 05:27 | 意見記事のポイント
          - | -
          JUGEMテーマ:社会問題


          意見記事のポイントその4 。

          (4)毎回必ず学校名を入れよう。

          投稿する意見記事・苦情記事には毎回、騒音その他で地域に迷惑をかけている学校の校名をいれましょう。

          これをやっておかないと具体的にどこの学校をさした意見記事なのか判りません。

          「某私立の・・・」とか「ある公立の・・・」みたいに書かれても、当の学校関係者は気づきもしないかもしれません。


          それと、検索エンジンでその学校名を検索した時にヒットしやすくなります。

          その学校を受験しようと考えている子供や保護者なら、その学校の情報がほしいはずです。
          近隣住民からも生の情報を提供してあげたら喜ばれるのではありませんか?
          学校の実情を知らずに入学して後悔するのは可哀想です。


          前回の記事で「世間の目を意識して意見を述べる」ことを強調しましたが、これは相手側に「世間の目を常に意識させる」ことでもあるのです。
           

          にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
          0
            このエントリーをはてなブックマークに追加


            2014/03/06 (木) 05:31 | 意見記事のポイント
            - | -
            | 1/2PAGES | >>