学校が出す騒音を何とかしよう。

学校への苦情や意見は無視されやすいものです。
生徒の保護者ですらモンスター扱いするところですから。
そこで発想の転換!
クレーム内容そのものを世間に公表してしまいましょう!

一定期間更新がないため広告を表示しています

0


    2020/05/29 (金) | -
    - | -

    JUGEMテーマ:社会問題

    これまでこのサイトでは、騒音で近隣住民に迷惑をかけ続ける学校への対処法として、
    ネットを使ってその学校に意見を述べることをお勧めしてまいりました。


    今回から、学校のだす騒音などの問題をネットで取り上げることの効果について考えてみたいと思います。

        第一に、その学校に対し苦情・意見をした事実を形として残せます。
        
        第二に、苦情・意見した内容を第三者に見てもらう事ができます。
        
        第三に、苦情・意見を匿名ですることができます。
        
        第四に、同じ悩みを持つ地域住民に結束を呼びかける事ができます。
        
        第五に、その学校に通う生徒の保護者に正確な情報を与える事ができます。
     
        第六に、その学校の受験志望者に正確な情報を与える事ができます。


     

    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

     

    0
      このエントリーをはてなブックマークに追加
      JUGEMテーマ:社会問題


      前回、学校のだす騒音などの問題でネットを使うことのメリットを数点上げてみました。

      今回から一つ一つ詳しく解説致します。

      意見や苦情をネット上でする利点その1。

      (1)苦情・意見をした事実を形として残せる。

      直接、学校に苦情を訴えても担当者が無視を決め込めばそれで終わりです。

      とりあえず話だけは聞いて「善処します」と言っておいて、その実何もしないというのはよくあることです。

      学校側の胸先三寸で近隣住民の苦情などなかったことにも出来てしまうのです。

      その点、ネットを経由した意見ならこちらの苦情・要望を形あるものとして残すことができます。

      加えて学校側がこちらの苦情・要望を無視した事実も形あるものとして残せるのです。
       

      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ

       

      0
        このエントリーをはてなブックマークに追加
        JUGEMテーマ:社会問題


        意見や苦情をネット上でする利点その2。

        (2)苦情・意見の内容を第三者に見てもらうことができる。

        前回の記事で「直接、学校に苦情を訴えても担当者が無視を決め込めばそれで終わり」であることを述べました。

        しかし、ネットを使えばこれまでなら学校側の都合で握り潰されていたことも、世間に公表できます。

        近隣住民の視点で書かれた意見の内容を、世間一般の人々がどのように受け止めるのかは読むひと次第です。
        共感する人、反対する人、無関心の人とそれは様々でしょう。
        しかし、情報はないよりあったほうが良いと考えます。

        その学校のかかえる問題点を提起しネットで公表すれば、学校は世間の目を意識せざるを得なくなります。
        ひいては、その学校自体が問題を解決しようという意識に目覚めてくれることを、期待できるのではないでしょうか?
         

         

        にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
        0
          このエントリーをはてなブックマークに追加
          JUGEMテーマ:社会問題



          意見や苦情をネット上でする利点その3。

          (3)苦情・意見を匿名ですることができる

          これまで騒音で近隣住民に迷惑をかけ続ける学校への対処法として、
          ネットを使ってその学校に意見を述べることをお勧めしてまいりました


          そのメリットの一つとしてネットの匿名性があります。
          これはかなり重要なことです。

          世の中、話をして解り合える人間ばかりではありません。

          問題を抱えている学校には、問題のある職員問題のある生徒がいてもおかしくはないのです。

          私の知るとある私立校などは、ろくに話も聞かぬくせにやたらとこちらの身元を知りたがります。

          ここでうっかり本名を名乗ってしまうと、後でどんな目に合うか判りません


          実際、学校に直接苦情を言いに行ったばかりに、当事者に逆恨みされて怖い思いをしたというケースも多いようです。

          普段、騒音で悩まされている上に、脅迫や恫喝まがいの対応をされてはたまりませんよね。

          その点、ネットを使えば危険にさらされる事なく苦情・意見をすることができるのです。

           

          にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
          0
            このエントリーをはてなブックマークに追加
            JUGEMテーマ:社会問題



            意見や苦情をネット上でする利点その4。

            (4)同じ悩みを持つ地域住民に結束を呼びかける事ができる。

            これまで騒音で近隣住民に迷惑をかけ続ける学校への対処法として、
            ネットを使ってその学校に意見を述べることをお勧めしてまいりました


            本来なら当然のことですが、学校にも地域の一部としてマナーとルールを守ってもらう必要があります。

            今どきは過疎地でもない限り、学校の周りには多数の住宅が建っているはずです。
            同じ学校の周囲に住む住民といってもご近所の人ばかりではありません。

            学校の校庭でやたらと騒ぐ生徒がいたり、窓を開けたまま楽器の演奏などをしている生徒がいれば周辺の住民のすべてに迷惑がかかるのです。
            程度にもよりますが、単純に考えてもその学校から100m四方くらいの範囲には騒音被害が及んでいると思われます。

            私の知るとある私立校の野球部の場合、(地形や高い建物の有無にもよりますが) 校庭の端から400m以上離れたところでも雄叫びが聞こえます。


            その学校に何かしら意見を言いたいのは、一人二人ではないのです。

            試しに、グーグルマップを航空写真のモードにしてその学校周辺を観察してみてください。
            アパート、マンション、一般住宅と建物だけでもその数は、数百はあるでしょう。
            世帯数にすれば、数千に及ぶかもしれません。

            ネットを使えばあなた以外で、その学校に不満を持つ人達を勇気づけ、
            協力や結束を呼びかけることもできるのです。

             

            にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
            0
              このエントリーをはてなブックマークに追加
              | 1/2PAGES | >>